Lsyncd 監視対象ファイルの上限

Lsyncdが利用している inotifyが監視できるファイル数には上限があります。
この上限を超えると、Lsyncdは動作を起動しません。

起動しようとすると、こんなエラーが発生しした。

lsyncd: Error, Terminating since out of inotify watches.#012Consider increasing /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches

ちなみに、上限値は以下で確認できます。

[root@cent6 ~]# cat /proc/sys/fs/inotify/max_user_watches
8192
[root@cent6 ~]#

デフォルトの値では、対応しきれない場合、大きな値に変更します。

[root@centos6 ~]# cp -ip /etc/sysctl.conf{,.org}
[root@centos6 ~]# vi /etc/sysctl.conf

fs.inotify.max_user_watches = 819200

[root@centos6 ~]# /sbin/sysctl -p

大きな値に設定しましたが、システムへの負荷はあまり掛かっていないようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です