CentOS7にMoodle3.2をインストールする




 

Moodleとはオープンソースのe-Learningシステムであり既に国内の多数の大学等で授業用として活用されているソフトウェアです。

1. Maria-DBをインストールします。

# yum install mariadb mariadb-server

mariadbを自動起動にしサービスを起動します。

systemctl enable mariadb

systemctl start mariadb

rootのパスワードを設定します。

musql_secure_installation


moodleのデータベース及びユーザーを作成します。
mysql -u root -p

>create database moodle default character set utf8;
> grant all on moodle.* to moodle@localhost identified by '******';
> flush privileges;
> quit;
2.Apacheをインストールします。
yum install httpd httpd-devel mod_ssl

systemctl enable httpd
systemctl start httpd

Epel, Remiレポジトリ追加 
# epelを追加 
yum -y install epel-release 
# remiを追加 
wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-7.rpm 
rpm -ivh ./remi-release-7.rpm 

3.phpをインストールします。

3.2は要件がphp-5.6.5以降になります。今回はphp7系でインストールして見ます。

yum -y install –enablerepo=remi,remi-php70 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysql php-pdo php-pgsql php-gd php-phpunit-PHPUnit php-cli php-common php-xml php-mbstring phpMyAdmin php-imap php-xmlrpc php-intl

systemctl restart httpd

4 moodleをインストールします。

https://download.moodle.org/

tgzファイルをダウンロードし、サーバーにアップロードします

 

mv moodle-latest-32.tgz /var/www/html/
# cd /var/www/html/
# tar zxvf moodle-latest-32.tgz

次にMoodleが保存するデータ領域のディレクトリを作成しておきます。

mkdir /var/www/moodledata

chmod -R 755 /var/www/
chown -R apache.apache /var/www/

configファイルを書き換え、データベースの接続情報及びwwwroot、datarootの情報を入力します

cd /var/www/html/moodle

mv config-dist.php  config.php

http://hostname/moodle/admin/index.php?

を開くとインストール画面が開きます。ので後はcontinueをクリックし、インストールします。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です